ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
Light and Mood in Watercolour
Light and Mood in Watercolour (JUGEMレビュー »)
David Curtis,Robin Capon
素晴らしい水彩画のHOWTO本。自然な色合いがステキです。
Painting the Drama of Wildlife Step by Step
Painting the Drama of Wildlife Step by Step (JUGEMレビュー »)
Terry Isaac
アクリル画のHOWTO本。かなり細かく色々と教えてくれるので最高の教科書となると思います。
Painting Animals That Touch the Heart
Painting Animals That Touch the Heart (JUGEMレビュー »)
Lesley Harrison
パステル画のHOWTO本。最高の画集でもあります。超オススメ。
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
ひさびさに馬絵
JUGEMテーマ:アート・デザイン
 


数日前から、大きめのアクリル画に取り掛かりました。







しかし、支持体が大失敗!


MDFに、クリアジェッソを使って下地を作ったのですが
普通のアクリル(チタニウムホワイト)+クリアジェッソの割合を間違えて
かなり脆弱な下地になってしまいました(涙)

筆で、下地をはぎ取ってしまう感じ…あいたた。

結構、初期の段階で気づいたのですが
なんだかムキになって続けています。

効率悪いんですけど、このガサっとした感じも悪くない、と
思いこむことにして。


さて、ちゃんと仕上がるかな?(どきどき)
アクリル画 / comments(0) / - /
わんこ新作
JUGEMテーマ:アート・デザイン
 


イングリッシュスプリンガースパニエルのエジソンさん。(納品済み)
A4程度。アルシュ紙にアクリル…ですが、9割はコピックでの着色です。
細かな仕上げをアクリルで。

Eスプリンガーは、うちの犬(Eコッカー)とかなり近い犬種。
やはり骨格などが似ているなぁと感じます。可愛いです♪



アクリル画 / comments(4) / - /
2012年カレンダー制作開始
JUGEMテーマ:アート・デザイン
 


犬作品26程度、馬作品13程度…
合計40作品弱を2カ月で仕上げます。
11月下旬には、もう発送できるように。(希望)

犬は、物語を感じさせるようなほんわか系で(これはいつも)

馬は、今までとはちょっと違った、抽象的な要素を取り入れつつ。
パステル画もちょっと入れますが、基本はアクリルで。

綺麗な景色と、綺麗な馬たち。もしくは肖像画、みたいなのが
今までの作品ベースでしたが、カレンダー作品は趣向を変えてみます。

画面は、馬絵の下地です。
テラコッタ色と、フジ色の2点。

面白い作品になるといいなぁ。

さ、描くどー。
アクリル画 / comments(0) / - /
アクリル画制作過程(Aセッター)その2
JUGEMテーマ:アート・デザイン
 


モデル部分の下塗りが完成したとこ。

そういえば、コピック使い始めてから戦友のような色が出来ました。
犬の鼻の、なんとも微妙な色合いや、どんな毛色の馬の下塗りでも使える
「E71」



これ、超・重宝しています。
仕上がった際には、ほとんど消えてしまう色なんですけどね。

続き。




背景の色をいれつつ、細部を描きこんでいきます。
(背景は、れんげ畑とのオーダーでした。)

犬部分に使った色は

【ベース】
ローシェンナ
バーントシェンナ

【濃淡】
ジンクホワイト
アンプリーチドチタニウム
ライトポートレイトピンク
バーントシェンナ
アイボリーブラック

ベースにシェンナを使うのが珍しいです。
女の子らしい、可憐なイメージ!とのことでしたので
柔らかめのタッチ、甘めの色で仕上げていきます。

背景にれんげを散らして…



完成。

彼女の、繊細で可憐なイメージを崩すことなく仕上がった…
と自負していますがどうでしょ。

いつものように、眼から仕上げていったのですが
下塗り段階でズバっと決まって、あとは光沢を出すだけでした。
すごく早い段階で”生きた”絵。

アトリエに入ると、いつもこの絵が出迎えてくれて。
彼女と向き合った日々は幸せでした。

アクリル画 / comments(0) / - /
アクリル画制作過程(Aセッター)その1
JUGEMテーマ:アート・デザイン
 




この絵、マメに撮影していたのでアップしていきたいと思います。
この段階の下塗りはコピックです。

ちょっと大きめのF8(A3程度)、紙はアルビレオです。

アクリル画 / comments(0) / - /
犬と猫
JUGEMテーマ:アート・デザイン
 

アクリル画 B5くらい。ずいぶん前に描いた絵。

よく、犬派か猫派かなんて言うことがありますが
私、基本、どっちも好きです。
過去3匹の猫と暮らし、たいてい犬はいましたが
犬がいなくて、猫のみがいた時期もありました。

ちなみに、ねずみ派でもあり、うさぎ派でもあります。

金魚派でもあるかな…あ、忘れちゃいけない、馬も。

要は、動物が大好きなんです。

虫全般は、大人になってダメになりました。
テントウムシとカマキリのみ大好き。ただ、アップ画像はご免こうむる。
両生類、爬虫類はOK。


好きなものが、多ければ多いほど人生楽しいですね。たぶん。
アクリル画 / comments(2) / - /
オーダーのわんこ画
JUGEMテーマ:アート・デザイン
 


何の苦労もなく、さっくり仕上がりました。
アイリッシュセッターの超美人モデル、本わんが芸術のような子です。
資料そのまんまを、丁寧に丁寧に描けば、美しい絵の仕上がりです。



これまた美しい、Eコッカーのお嬢さん。
耳のグラデーションがとても美しく、それを際立たせるような資料をチョイス、
そして光沢を重視して仕上げました。

両方ともアクリル画で、A4の紙です。

この紙、A4が束で売られていて、50枚衝動買いしました。
名前が「新草木」。アイボリー。
和紙のような、微妙な模様?があります。

この絵たちはアクリルですが、なかなかの描き心地。
若干、がさっとした質感です。
パステルもきちんと色がのりそう。
時間を見つけて、チャレンジしてみたいです。
アクリル画 / comments(4) / - /
新年の新作
JUGEMテーマ:アート・デザイン



【アクリル画 F6程度 ワトソンボード(ナチュラル)】

コピック下塗りから、アクリルで加筆して完成。

レース後の、砂がとびちった感じとか
汗の感じとか、出したかったんですけどどうでしょう。

背景は毛色にあわせた上品な感じで。
ふわっとしたイメージで仕上げたつもり。
あんまり”写真”みたいに見えないように
”絵らしさ”を重視しました。

以前も張った、途中経過。コピック下塗り段階がコレ↓



ひとによっては、このまま仕上げた方が良かったのでは?
という感想もありそうですねぇ・・・(=_=)

この状態の方が、クリアで、絵の派手さはありそう。

「チューブから出してそのままです」的なわざとらしい色合いが
とても苦手なので、どうしても自然色を求めて
混色してしまい・・・私にとっては上の完成版ほうがナチュラルで好きですが
ひとによっては、”地味”に見えるかな?

うーむ。

試行錯誤は続きます。

・・・絵って面白い。


アクリル画 / comments(2) / - /
ルリビタキの絵 【製作過程】
JUGEMテーマ:動物の絵
JUGEMテーマ:アート・デザイン

 



ここまで。


アクリルは果てしなく細かく描けますね。
被写界深度をどのくらいにしようか思案中…
背景は一切ボカさないほうが良いような気もしたりして。

アクリル画 / comments(0) / - /
弘法じゃないから筆を選んでみる
JUGEMテーマ:アート・デザイン


安いので、ナイロンの筆を使っていたのですが
「一度絵の具をつけると、どこまでも線がひけるのではないかと思う」
という文句につられて、高い筆を買ってみました。

アクリルとパステルとの作業の最大の違いは、絵の具をつけなきゃいけないこと。
パステルはそのままずっと描き続けられますので
それに慣れると、パレットから絵の具をすくうという作業がめんどくさいのです。

で、買った筆はコリンスキー(テンの毛)です。
最高ブランドのラファエロじゃないけど、ラファエロに近いお値段のエスコダです。
1本ン千円です。

そして、日本画のコーナーでいたちの毛の筆も買ってみました。
こちらは600円なり。



描き比べてみましたが…

違いがわかりません…

どちらも、すごくよく絵の具を含んで描き心地が良いです。

600円のでもいいじゃんって話ですよ(涙)。

ただ、穂先のまとまり具合が違いますね。
細部表現ならエスコダを選ぶでしょう。
でも、いたちでも出来ないこともなく。

んー、もうしばらく描き進めてみます。
違いがわかるといいなぁ。ン千円のためにも(笑)
アクリル画 / comments(4) / - /
/ 1/3PAGES / >>