ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
Light and Mood in Watercolour
Light and Mood in Watercolour (JUGEMレビュー »)
David Curtis,Robin Capon
素晴らしい水彩画のHOWTO本。自然な色合いがステキです。
Painting the Drama of Wildlife Step by Step
Painting the Drama of Wildlife Step by Step (JUGEMレビュー »)
Terry Isaac
アクリル画のHOWTO本。かなり細かく色々と教えてくれるので最高の教科書となると思います。
Painting Animals That Touch the Heart
Painting Animals That Touch the Heart (JUGEMレビュー »)
Lesley Harrison
パステル画のHOWTO本。最高の画集でもあります。超オススメ。
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
悲願達成
JUGEMテーマ:競馬

写真は、いぬのほうのブログからの転載で。


+++++


気にいったコを買っているので、どの馬にも思い入れがあって
1頭も勝ちあがれない世代があっても、
すごく楽しい一口馬主ライフを送ってきました。

ただ、競馬は勝負事ですから。

大きな夢のひとつは、愛馬がG1を獲ることです。

愛馬28〜30頭目にあたる、12世代目で
ついに、悲願成就です。

愛馬が勝ったときは、いつもとても嬉しいですが
ゴール前で、座り込んで号泣してしまったのは、初めてでした。
嬉しすぎて、感無量で、立ってられない。
そんな経験、滅多にできませんね。
(ストールを何人もに踏まれました…)

夢をかなえてくれてありがとう、フェノーメノ。

どうか、これからも無事で。


フェノーメノ / comments(10) / - /
フェノーメノ【8戦目】天皇賞 2着

開門



ゴール前




補完計画


席から


パドックから


地下馬道から(ブレた)

+++++

岩田ジョッキーの男泣き、デムーロ騎手の敬礼。

勝者は美しいですね。
つか、勝ったから美しいんですけど。

3歳でG1未勝利の身で一番人気をしょって
「来るならこい」という、堂々たるレースでした。
来られちゃったけど、すごくカッコ良いレースっぷりでした。


個人的には、ダービーのときほど「どうにかなったんじゃないか感」はなく。
楽しく仲間たちと打ち上げしました。

ダメージ次第ですが、次はJCとのことです。



フェノーメノ / comments(0) / - /
フェノーメノ【7戦目】セントライト記念 優勝
「怪物仕上げ」という文字もありましたが
やっぱり休み明けだなぁという感じでしたフェノーメノ。
ダービーの究極仕上げを真ん前で見ていたので、余計にそう感じたのかも。

前を自分で捕まえて、後続を抑える強い競馬を見せてくれました。
気になる次走ですが、まだ未定のようです。うーん。

レース後、11人の競馬仲間たちとわいわい飲んでいたのですが
菊へ!という意見が多く、秋天は少数派でした。
私は、その少数派なんですけどね。

どっちにしろ、贅沢な悩みです。
どうか、どうか無事に進めますように。

フェノーメノ / comments(2) / - /
月曜日に3頭、そしてキャロットは2頭決まり
祝日の月曜日は

バルトロメオ
シルバーブリオン
フェノーメノ

の3頭が出走します。
みな、無事に周って来ますように。

キャロットは2頭確定しました。

フォルテピアノ 母馬優先
チアズメッセージ 最優先

そして、もう1頭の最優先はブルーメンブラットなのですが
ちょっと母馬優先持ってないと厳しいかもです。
フェノーメノ / comments(4) / - /
フェノーメノ【6戦目】日本ダービー 2着
JUGEMテーマ:競馬
 


友人のご厚意で、とても良い席でダービー観戦することができました。

一番上↑の写真を撮ったのは、朝8時くらいでしょうか。
すでにシートがたくさん。さすがダービーです。
入場者も多かったみたいですね。

オークスが終わって、ダービーウィークになり
毎日、スポーツ新聞やWEBで「フェノーメノ」の名前を見つけてワクワク。
興奮で眠れない日々を過ごしていました。

私ですらそうなのですから、ダービー出走馬関係者の方々の
プレッシャーを考えると…想像できないくらい、大変だったでしょう。





用意いただいたお弁当。。。とっても美味しかったです。
緊張でかなり胃がちぢこまっていましたが、
美味しいものは食べられます(笑)

時間がきて、パドックへ移動。




フェノ―メノの頭絡につけられた、いつものお守り。
すべての馬の関係者それぞれに、深い想いがありますね。

フェノーメノを最高の状態で、最高の舞台に立たせ
蛯名ジョッキーは最高の騎乗でした。

良い、ダービーでした。

蛯名騎手、レース後号泣していたらしいですね…。
切り替えて、最終でしっかり勝つところがプロだなぁと思いました。

ダービーの枠順が決まったとき
先日のブログで書いたシンボリクリスエスと同じ11番で、笑ってしまいました。
ホントに2着に来るかもね!なんて思ったんですが…



20センチ強の差、悔しいです。
席の7階からだと、ゴールは斜め後ろから見る角度。
届いたように見えたんです。

そのときは内の馬がブリランテだとわかってませんでした。
肉眼でフェノーメノの走りを焼きつけようと、フェノーメノだけ追っていたので。

ゴール後、「どっち!?どっち〜〜〜〜!?」と
隣の友人の手を握って叫んでいたと思います。
で、その後ターフヴィジョンのスロー映像見て突っ伏し。

ダービーゼッケンをつけてるフェノーメノを見るだけで幸せだわ、
とか思ってたのに欲が出ちゃうものですね。素で悔しいです(笑)

無事に夏を超して、また元気な姿を見られるよう、願っています。
関係者の方々、本当にお疲れ様でした。
あとは、全馬無事の報が待ち遠しいですね。

また、秋にもフェノーメノで大きな夢をみられますよう。
そして、その夢をガチで応援しています!!

追記:私のガチ馬予想は、0ポイントで幕を閉じました。しゅーん。
フェノーメノ / comments(0) / - /
特別な1週間
JUGEMテーマ:競馬
 
競馬ブックに、ギャロップに。
今まで一度も買ったことのないUMAJIN。
平日のスポーツ新聞。
各WEBでの記事。

ダービー特集をなめまわすように(?)みています。
毎日が楽しくて仕方ありません。

ブックとギャロップに思ったより印がついていていました。(ドキドキ)


青葉賞馬は勝てないジンクス。


2002年のその日、府中の最終レースに義弟の愛馬ゴールデンアックスが
出走していて、応援にいってました。
パドックで張りついていて、たまたま、メインの青葉賞も見ました。

圧倒的なオーラをまとった馬がいました。
旦那と「すごい馬がいるね」と話したことを覚えています。

1番人気のその馬は、青葉賞をラクラクと勝ちました。

それでも、ダービーは2着。。。

その後、天皇賞秋を連覇、有馬記念を連覇する
その馬は名馬シンボリクリスエスです。
奇しくも、青葉賞時のレーティングはフェノーメノと同じ110。

さて、クリスエスが破れなかったジンクスを
フェノーメノが破れるでしょうか?

ジンクスは破られるためにあるし、蛯名ジョッキーには
愛馬うんぬん別にして、ダービージョッキーになってもらいたいひとです。

当日、現場で精一杯のエールを送りたいと思います。


…まぁ、ジンクス打破はさておき、最高峰のレースで
勝ってほしいのはやまやまですけど
掲示板に乗れたら嬉涙ドバドバですし
なにより、無事にまわってきてほしい。それが一番です。

先週の府中は、準オープンのレースでレコードが出るような
アホみたいな高速馬場。
オークスも、2分23秒台という破格のもの。
(勝ったジェンティルドンナは素晴らしいパフォーマンスでした)

展開次第で、ダービーでは22秒台が出るかも知れませんね。
フェノーメノは良馬場のほうが得意で(たぶん)
軽い馬場は向くんでしょうけど、異常な高速馬場は単純に怖いです。

どうか、全頭無事で、ゴール板を駆け抜けますよう。
全馬が実力を出し切った、素晴らしいレースになりますように。
フェノーメノ / comments(2) / - /
フェノーメノ【5戦目】青葉賞(G供法〕ゾ
JUGEMテーマ:競馬
 


フェノーメノの応援に、府中へ行ってきました。
ぐっと首をさげて、気合い十分です。

前日のオッズが1.1倍で、はぁぁ!?
最終的には2.1倍。
それでも、ちょっと人気しすぎじゃないかな…と思っていました。
まだ、底を見せてない馬が多数出走していましたので。



本馬場入場してから、友人と一緒に息をのんで見つめていました。
緊張で気持ち悪くなってました…。

最後の直線、絶叫!絶叫!絶叫!

初の、愛馬がタイトル奪取の瞬間です。



優勝レイを、愛馬がかけたのも初です。
おめでとう、フェノーメノ。



重賞なので、ウイナではなく、芝生の上での記念撮影。
フェノーメノはかなり興奮状態で、暴れ気味でしたので
彼が人の列に入った時間はほんのちょっと。

誇らしそうな旦那に、私も嬉しかったです。

帰宅して、録画していた映像を色々見ましたが
ふたつともの実況が、ゴール後に
「弥生賞のうっぷんを晴らした!」というニュアンスで
アナウンサーが吠えていたのに失笑。
誰がどうみても、弥生賞はもったいないレースだったんでしょう。

ただ、本当に、位置取りがわるくなったのは騎手「だけ」のせいなのかは、
別の騎手で中山を走ってみないと断言はできないと思いますが…。
映像をみるに、やっぱり左周りに比べて、
右は周りづらそうしてるように見えるので。素人目ですけど。
無事ならば、秋は関西遠征でしょうし、
より適性がハッキリすると思われます。

とにかく、これでダービーへの切符をゲットしました。
↓ギャロップオンラインより(怒られたら消しますね)



「やったー!」戸田先生と蛯名ジョッキー(笑)

出るのが、本当に大変なレース。
18頭の枠にゲートインできることが名誉なことです。

無事に、無事に、進めますように(祈)

フェノーメノ / comments(0) / - /
今週は2頭
JUGEMテーマ:競馬
 
フェノーメノが土曜日の青葉賞(G供砲
シルバーブリオンが日曜日の東京6Rに出ます。

距離はともに2400M。

フェノーメノは、ダービーまで蛯名Jが手綱を取ってくれるみたいです。
なんとしてでも権利ゲットを!

ブリオンは、さすが森先生といいますか…
無事に完走さえすれば賞金ゲット、そして距離増手当が。

彼の成績、勝つにしても負けるにしても着差が1秒以上あります(汗)

さすがに、ここんところ本当にマズい感じなので
なんとか新味を…と願っています。
フェノーメノ / comments(4) / - /
7分の2…
JUGEMテーマ:競馬
 
結局、皐月賞のボーダーは900万。
もし、フェノーメノが皐月賞に登録していれば
7分の2の確率で出られたわけですが…

登録しなかったのは、個人的にはグッジョブ!です。

過去4戦、すべて現地観戦しましたが
戦績が示す通り、なんだか中山は合わない気がしまして。
中山で下げるという謎騎乗はさておいても、なんだか
コーナリングが左周りに比べてぎこちなくも見え。

もし、皐月に出られたとしても、4位以内に入らないと
結局またダービートライアルに出ないとダメなわけで。

一発勝負になっちゃいますが、青葉賞のみに照準を定めた陣営の判断に納得です。
ここで2着以内に入れないなら、本番出れたとしてもダメだと思いますし。

…青葉賞勝ち馬から、ダービー馬がずっと出てない、とかいうデータは
権利が取れてから検証することにしてみます。

ドキドキしながら、4月28日を待ちたいと思います。
フェノーメノ / comments(0) / - /
さて、今週末は
JUGEMテーマ:競馬
 
フェノーメノが弥生賞に出走を予定しています。

愛馬がG兇暴个襪海箸初めてで、しかもクラシックに直結するレース。
ブックのフォトパドックにも出ていて、感無量。
メディアにも取り上げられていて、我が家では楽しく盛り上がって…
つか、盛り上がりすぎてむしろ挙動不審状態です。

3〜4番人気で落ち着くのではないかと。

現時点では賞金が足りないので、ガチ勝負。
なんとか3着以内に入って、皐月への切符を獲ってほしいです。

重賞馬も出ますし、メンバーはかなりのものですが
そのなかで、どんな競馬をしてくれるのか楽しみでなりません。
無事にレースを迎えてほしいと思います。
フェノーメノ / comments(4) / - /
/ 1/2PAGES / >>