ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
Light and Mood in Watercolour
Light and Mood in Watercolour (JUGEMレビュー »)
David Curtis,Robin Capon
素晴らしい水彩画のHOWTO本。自然な色合いがステキです。
Painting the Drama of Wildlife Step by Step
Painting the Drama of Wildlife Step by Step (JUGEMレビュー »)
Terry Isaac
アクリル画のHOWTO本。かなり細かく色々と教えてくれるので最高の教科書となると思います。
Painting Animals That Touch the Heart
Painting Animals That Touch the Heart (JUGEMレビュー »)
Lesley Harrison
パステル画のHOWTO本。最高の画集でもあります。超オススメ。
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
ホーカーテンペスト【11戦目】1000万下 5着
最後方からの競馬でした。
我慢できていたけど、だんだんムキになってきてということらしいです。
3コーナーから4コーナーへは、コントロール不可の状態だったようで。

後方2番手のヒシカツジェームスが勝っているので
その位置取りで、まったくチャンスがなかったか?と言えば
違うかも知れませんが…
結局、勝ち馬との差は、最初の位置取りがそのまま、って感じも。

基本、最後方からの差し切り勝ちは
展開がハマって、実力がズ抜けていないと無理だと思っています。

勝ったときの黄梅賞のときのように
好位でじっと我慢できればいいんですけどね。
気性の問題、悩ましいです。

さっくりと放牧に出てしまいました。
早!と、びっくりでがっくりです。
ホーカーテンペスト / comments(0) / - /
ホーカーテンペスト【10戦目】豊栄特別 5着
囲まれた状態でのスパートになり、ちょっと厳しい競馬…。
それでも踏ん張って5着、頑張りました。
一瞬、抜け出すかのような雰囲気でしたが
スコーンと切れる脚がないので、仕方ないかなと思います。

ジョッキーいわく「我慢できていた」だそうですが
道中はやっぱり首が高めで、
泡を吹いているようにも見えて(素人目ですが)
もうちょっと精神的にスムーズに追走できればなぁ、なんて思いました。

さて、今後はどうするのでしょうか?
ホーカーテンペスト / comments(0) / - /
ホーカーテンペスト【9戦目】五頭連峰特別4着
3歳勢のワンツーフォーでした。

前の3頭とは決定的な差をつけられましたが
このクラスでも十分やれそうで。

取り急ぎの、3戦の戦績アップでした。
明日は北海道へいってきます。日帰りで。
ホーカーテンペスト / comments(0) / - /
ホーカーテンペスト【8戦目】NZT(G供法6着
JUGEMテーマ:競馬



相変わらず、舌ぺろぺろ。
オッズをめっちゃ見てるように見えました(笑)



中山の桜、綺麗でした。

ご存知、中山1600は枠順に左右されるコース。
最悪の8枠を引き当ててしまったので、控え目にスタートして
馬をなだめながら、距離ロスを最小限に抑え、
最後までインを狙う、一か八かの騎乗。

結果、6着でしたが、良い競馬だったと思います。
権利取れなかったけど、納得の敗戦でした。

一応、次はNHKマイルカップを目標のようです。
クジはひけるんじゃないかな…
出られると嬉しいです。

以下公式より++++

7日の中山競馬ではゆったりとしたスタートになり、後方から競馬を進める。直線でも外には出さず内から伸びるも、多少窮屈になったこともあり6着。「前回は歩いてゲート裏まで行ったけど、今日はゆっくりと返し馬が出来ましたし、発汗もそれほどなくて落ち着いた状態でレースに臨めました。スタートがそれほど速くなかったですしあそこから外を回って追い上げると最後がきつくなるので、終いを活かす競馬にしました。道中も我慢できていたし、最後は伸びているのですが、スムーズに捌けていれば権利が取れたかもしれないだけに悔しいですね。枠をいい訳にしたくはないのですが、内枠ならばもう一つか二つ前の位置で運んで、違う競馬になっていたと思います。結果は残念ですが、精神的な成長を感じることが出来ましたし、まだまだよくなる馬だと思いますよ」(北村宏騎手)「やっぱり外枠は厳しいよね。マイナス体重だったけど許容範囲内だし、馬体は本当によかったんだ。今日は最初から返し馬をやるつもりでいたし、馬場入り直後に少し変なところが見られたけど、宏司がきちんと我慢を教えたことでいい返し馬が出来たよ。道中は前の馬がフラフラして、それに気を使っていたのかもしれないね。直線では狭いところから伸びてくれたけど、権利を取りたかったな。2勝馬で入るかはわからないけど、この後は東京のG1も考えていこうと思っています」(藤沢和師)精神面が課題の馬ですが、ここにきて普段の調教も徐々に落ち着いてくるなど成長を感じさせます。優先出走権を獲得することは出来ませんでしたが、NHKマイルCも視野に入れながら調整を行っていく予定です
ホーカーテンペスト / comments(0) / - /
ホーカーテンペスト出走確定!


JUGEMテーマ:競馬
 
4月7日(土)のニュージーランドトロフィーに出走が確定しました。
相手は強いですが、頑張ってほしいと思います。

2歳馬バルトロメオは早くもしがらきへ移動、そして
セブンサミッツが帰ってきました!

サウンドアクシスは15日の中山、
フォルトファーレンは14日の阪神で競馬を予定しています。

気になる、4月28日の青葉賞を予定しているフェノーメノの鞍上ですが

青葉賞からダービーというローテーションで騎乗可能な騎手を本線に検討
ということで、皐月の結果を見てから決めるらしく。

…誰を狙ってるんだろう…。

ダービーに出走満々なコメントが、とてもうれしく感じます。
新たなパートナー、無事に見つかりますように。
ホーカーテンペスト / comments(0) / - /
黄梅賞の写真
JUGEMテーマ:競馬
 
今週末はアクシスがポラリスに登録、
ホーカーテンペストは4月7日のニュージーランドトロフィーへ(たぶん)
フェノーメノは4月28日の青葉賞へ。

強烈な問題児・フォルトファーレンも続けて使うでしょうし
愛馬たちが、頻繁に走ってくれることに感謝です。
おかげで平日過ぎるのが超早い。



最近、競馬場にコンデジしか持って行ってません。重いから。
資料写真を撮るときは別なんですけどね。

トリミングした黄梅賞のウイナーズサークル。

ホーカーテンペスト、おめでとう。
可愛い顔をしています。

アクシスもフェノーメノも撮ったけど、中山パドックって影が多くて
光が足りずブレブレ。
大変な写真になっておりました(汗)残念。

ホーカーテンペスト / comments(2) / - /
ホーカーテンペスト【2戦目】5着
JUGEMテーマ:競馬
 
デビュー戦の芝1200から芝1800に距離を延ばしてきました。
中1週なのにプラス8で、ちょっとびっくりでした。
素人目には、ゆるい感じには見えませんでしたが。(成長?)

レコード決着の2着だったコスモユッカが一番人気で
ホーカーテンペストは2番人気。

レースはゆるいペースで進んで
結局、典型的な行った行ったのレース展開。

逃げた馬が1着、2番手の馬が2着。
4コーナーで4番手にいた馬までが、上位4位まで独占しました…

つか、逃げた1番トミケンユークアイが、経済コースをテケテケ走って
ラストのあがり最速という非の打ちどころのないレース。

中段に位置付けて、外をぶんまわしたホカテン君。
すごくキレるタイプというわけではないみたいですし
勝てなかったのは仕方なかったですねぇ。
ノリさんも、ラスト直線、もうダメだーとあきらめ早い感じで。

これでいったん放牧でしょうか。

+++++

このホーカーテンペストの母父はHALLINGなのですけど
私、この馬にダーレイの種馬場(イギリス)で会ったことがあるんです。
案内人が間違ってなければ(笑)

2001年、場内を案内してもらってるとき、ずーっと放牧地のなかで
私たちのあとをついてきてた栗毛の馬がいて、案内人が
「He is HALLING」と教えてくれました。
すごく人懐っこくて、かっこよい馬だったのを覚えています。
当時は、彼は知らない馬だったので(失礼)
日本で走ったこともあるディクタットのほうに目がいってましたが。

彼の母父も、出資理由のひとつだったホーカーテンペスト。
彼の成長を暖かく見守りたいと思います。



左:ホーカーテンペスト 右:HALLING
毛色と、ぐらぐらした流星が似てる。
ホーカーテンペスト / comments(0) / - /
ホーカーテンペスト【新馬】5着
JUGEMテーマ:競馬
 
1番人気で臨んだデビュー戦ですが、5着でした。

ゲートのなかで、前かきしまくってた(と思う)ときに
イヤな感じはしましたが、出遅れ気味で二の足もつかず
追走に手間取り、押し上げたものの、そのままって感じでした。

次は1800とのこと。
巻き返しに期待しています!
ホーカーテンペスト / comments(0) / - /
/ 1/1PAGES /