ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
Light and Mood in Watercolour
Light and Mood in Watercolour (JUGEMレビュー »)
David Curtis,Robin Capon
素晴らしい水彩画のHOWTO本。自然な色合いがステキです。
Painting the Drama of Wildlife Step by Step
Painting the Drama of Wildlife Step by Step (JUGEMレビュー »)
Terry Isaac
アクリル画のHOWTO本。かなり細かく色々と教えてくれるので最高の教科書となると思います。
Painting Animals That Touch the Heart
Painting Animals That Touch the Heart (JUGEMレビュー »)
Lesley Harrison
パステル画のHOWTO本。最高の画集でもあります。超オススメ。
OTHERS

<< 先は長いのでありました | main | ちまちま作業の行方 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
ウッドバーニング2作目
JUGEMテーマ:アート・デザイン



友人宅のゴールデンです。プレゼント用です。
もう少し胸のところの毛を描くかも知れません。

絵なら、背景部分を暗くして
犬部分を浮き立たせるでしょうけど…
広範囲を焼くツールを持ってないので、
それはとても時間のかかる、大変な作業になります。
しかもまだへたくそなので、ボコボコになる可能性あり。
ふんわりグラデーションって難しいのです。

アクリルでの彩色もできるのですけど、この木を焼いた雰囲気を
損なってしまいそうで怖いんですよね〜〜〜汗
うーん、どう落ち着かせるべきか悩みます。
もう少し、この作品と向き合ってみます。
ウッドバーニング / comments(2) / - /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
ウッドバーニングは馬の絵にぴったりって
思っていたけど
ゴールデンもすっごくいい感じに作れるのですね。
木を焼いてつくるのだから
線はいっぱつ勝負ですよね。
デッサン力のあるきすいさんだから出来ることだと
思います。
nimomoが焼いたら線がたくさんになってどれが本当の線になりそうです。
* nimomo * 2008/03/23 11:36 PM
本来は、鳥の彫刻の羽表現に使われているので
鳥さんを描いてる方が多いようです。
動物全般が主流みたいですね〜。
私は馬と犬ネコとねずみ、うさぎくらいしかやらないと思いますが…

デッサン力というよりは、これは慣れだと思います。
線を綺麗に描くのにコツがいるので、慣れれば大丈夫ですよ〜(^^)
nimomoさんもチャレンジしてみてください!
* きすい * 2008/03/24 7:48 AM
コメントする