ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
Light and Mood in Watercolour
Light and Mood in Watercolour (JUGEMレビュー »)
David Curtis,Robin Capon
素晴らしい水彩画のHOWTO本。自然な色合いがステキです。
Painting the Drama of Wildlife Step by Step
Painting the Drama of Wildlife Step by Step (JUGEMレビュー »)
Terry Isaac
アクリル画のHOWTO本。かなり細かく色々と教えてくれるので最高の教科書となると思います。
Painting Animals That Touch the Heart
Painting Animals That Touch the Heart (JUGEMレビュー »)
Lesley Harrison
パステル画のHOWTO本。最高の画集でもあります。超オススメ。
OTHERS

<< ガナッシュ【7戦目】13着… | main | ホームページ「DOG」追加しました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
ホーカーテンペスト【2戦目】5着
JUGEMテーマ:競馬
 
デビュー戦の芝1200から芝1800に距離を延ばしてきました。
中1週なのにプラス8で、ちょっとびっくりでした。
素人目には、ゆるい感じには見えませんでしたが。(成長?)

レコード決着の2着だったコスモユッカが一番人気で
ホーカーテンペストは2番人気。

レースはゆるいペースで進んで
結局、典型的な行った行ったのレース展開。

逃げた馬が1着、2番手の馬が2着。
4コーナーで4番手にいた馬までが、上位4位まで独占しました…

つか、逃げた1番トミケンユークアイが、経済コースをテケテケ走って
ラストのあがり最速という非の打ちどころのないレース。

中段に位置付けて、外をぶんまわしたホカテン君。
すごくキレるタイプというわけではないみたいですし
勝てなかったのは仕方なかったですねぇ。
ノリさんも、ラスト直線、もうダメだーとあきらめ早い感じで。

これでいったん放牧でしょうか。

+++++

このホーカーテンペストの母父はHALLINGなのですけど
私、この馬にダーレイの種馬場(イギリス)で会ったことがあるんです。
案内人が間違ってなければ(笑)

2001年、場内を案内してもらってるとき、ずーっと放牧地のなかで
私たちのあとをついてきてた栗毛の馬がいて、案内人が
「He is HALLING」と教えてくれました。
すごく人懐っこくて、かっこよい馬だったのを覚えています。
当時は、彼は知らない馬だったので(失礼)
日本で走ったこともあるディクタットのほうに目がいってましたが。

彼の母父も、出資理由のひとつだったホーカーテンペスト。
彼の成長を暖かく見守りたいと思います。



左:ホーカーテンペスト 右:HALLING
毛色と、ぐらぐらした流星が似てる。
ホーカーテンペスト / comments(0) / - /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
コメントする