ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
Light and Mood in Watercolour
Light and Mood in Watercolour (JUGEMレビュー »)
David Curtis,Robin Capon
素晴らしい水彩画のHOWTO本。自然な色合いがステキです。
Painting the Drama of Wildlife Step by Step
Painting the Drama of Wildlife Step by Step (JUGEMレビュー »)
Terry Isaac
アクリル画のHOWTO本。かなり細かく色々と教えてくれるので最高の教科書となると思います。
Painting Animals That Touch the Heart
Painting Animals That Touch the Heart (JUGEMレビュー »)
Lesley Harrison
パステル画のHOWTO本。最高の画集でもあります。超オススメ。
OTHERS

<< (取りあえずの)完成 | main | フェノーメノ入厩! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
失敗の記録
JUGEMテーマ:アート・デザイン
 


ある作家さんのHOWTOで見て、どうしてもやってみたかったので
自分でも作ってみました。

ざらざらの支持体。

セラミック・スタッコをジェッソと混ぜて、砂地のような表面になりました。
黒バージョン(写真)と、白バージョンの2枚を制作しました。
その方は、ざらりとした質感の状態のまま、とてもリアルに
そして、なんともいえない味のある絵を描かれていたのです。

パステル画の場合、ある程度凹凸があったほうが色が乗りやすいので
アクリル画でも…と思いきや、すごい失敗でした。

どうも、私の場合は、アクリルはできる限りツルツルのほうが描きやすいみたいです。
1時間ほど描いてみましたが、大変な状態になって、破棄しました。

今後頑張って、練習しても…思うような絵にはならない気がしたので
もうこの描き方を試すことはないでしょう。

やっぱり、軟練りジェッソを厚く塗って、磨きまくってツルツルにした画面が
一番描きやすいなぁ。

自分のための備忘録。
「魅力的な作品を見ても、セラミック・スタッコ支持体はやめとけ」
画材研究 / comments(2) / - /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
先日に引き続きこんばんは‥

もちろん、テレホタイムは I know ですよ(笑)。
あと、メールは無事届いていたんですねー
(良かった)。

さて、きすいさんでも、ちょっと難しいと感じる
というか、表現にてこずることもあるんですね‥
表面がザラザラというと、水彩の荒目の紙をまず
イメージするんですが、手法違えど、私はこれを
使えません。

荒目の紙で魅力的な素晴らしい絵を描く人が、
その作例・手順を公開している一方で、私は使え
ないんですよね‥ちょっとがっかりな気分になるの
ですが、こういうことをブログにきっちり公開する
姿勢が良いなぁ‥と思いました。
* あしなが * 2011/08/23 10:44 PM
あしながさん、こんにちは。
メール&コメントありがとうございました。
魔のテレホタイム…いまどきのコは知らなさそうです(笑)

いろんな画材を試すのが趣味みたいなもんなので
果敢な(?)挑戦をしているほうだと思いますが
大半が失敗に終わっています。残念ながら。
この支持体での作品、もし仕事としてやるなら
意地でも、”それなり”のものを完成させますけど…
趣味絵では今後チャレンジすることはないと思います。
向き、不向きはどうしたってありますよね。

作例の公開、私も見るのが大好きです。
完成画のみを見るのより、とても勉強になりますよね。
とはいえ、なかなか自分のものにできるものではないので(当たり前ですが)
結局のところ、自分なりに試行錯誤するしかないのですが〜^^;
お互い、制作頑張りましょう♪
* きすい * 2011/08/24 12:12 PM
コメントする