ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
Light and Mood in Watercolour
Light and Mood in Watercolour (JUGEMレビュー »)
David Curtis,Robin Capon
素晴らしい水彩画のHOWTO本。自然な色合いがステキです。
Painting the Drama of Wildlife Step by Step
Painting the Drama of Wildlife Step by Step (JUGEMレビュー »)
Terry Isaac
アクリル画のHOWTO本。かなり細かく色々と教えてくれるので最高の教科書となると思います。
Painting Animals That Touch the Heart
Painting Animals That Touch the Heart (JUGEMレビュー »)
Lesley Harrison
パステル画のHOWTO本。最高の画集でもあります。超オススメ。
OTHERS

<< 今週は2頭 | main | シルバーブリオン【8戦目】500万下 5着 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
フェノーメノ【5戦目】青葉賞(G供法〕ゾ
JUGEMテーマ:競馬
 


フェノーメノの応援に、府中へ行ってきました。
ぐっと首をさげて、気合い十分です。

前日のオッズが1.1倍で、はぁぁ!?
最終的には2.1倍。
それでも、ちょっと人気しすぎじゃないかな…と思っていました。
まだ、底を見せてない馬が多数出走していましたので。



本馬場入場してから、友人と一緒に息をのんで見つめていました。
緊張で気持ち悪くなってました…。

最後の直線、絶叫!絶叫!絶叫!

初の、愛馬がタイトル奪取の瞬間です。



優勝レイを、愛馬がかけたのも初です。
おめでとう、フェノーメノ。



重賞なので、ウイナではなく、芝生の上での記念撮影。
フェノーメノはかなり興奮状態で、暴れ気味でしたので
彼が人の列に入った時間はほんのちょっと。

誇らしそうな旦那に、私も嬉しかったです。

帰宅して、録画していた映像を色々見ましたが
ふたつともの実況が、ゴール後に
「弥生賞のうっぷんを晴らした!」というニュアンスで
アナウンサーが吠えていたのに失笑。
誰がどうみても、弥生賞はもったいないレースだったんでしょう。

ただ、本当に、位置取りがわるくなったのは騎手「だけ」のせいなのかは、
別の騎手で中山を走ってみないと断言はできないと思いますが…。
映像をみるに、やっぱり左周りに比べて、
右は周りづらそうしてるように見えるので。素人目ですけど。
無事ならば、秋は関西遠征でしょうし、
より適性がハッキリすると思われます。

とにかく、これでダービーへの切符をゲットしました。
↓ギャロップオンラインより(怒られたら消しますね)



「やったー!」戸田先生と蛯名ジョッキー(笑)

出るのが、本当に大変なレース。
18頭の枠にゲートインできることが名誉なことです。

無事に、無事に、進めますように(祈)

フェノーメノ / comments(0) / - /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
コメントする