ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
Light and Mood in Watercolour
Light and Mood in Watercolour (JUGEMレビュー »)
David Curtis,Robin Capon
素晴らしい水彩画のHOWTO本。自然な色合いがステキです。
Painting the Drama of Wildlife Step by Step
Painting the Drama of Wildlife Step by Step (JUGEMレビュー »)
Terry Isaac
アクリル画のHOWTO本。かなり細かく色々と教えてくれるので最高の教科書となると思います。
Painting Animals That Touch the Heart
Painting Animals That Touch the Heart (JUGEMレビュー »)
Lesley Harrison
パステル画のHOWTO本。最高の画集でもあります。超オススメ。
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
ガナッシュ【3戦目】2歳未勝利 11着
JUGEMテーマ:競馬



有馬記念当日の3R。
なんでよりによってこんな日に(涙)

激混みの中山競馬場に突撃です。



すでにあふれかえる人たち。
ゴール前なんて、もうシートだらけで。
ぴょんぴょんとび跳ねながらの観戦でした。

勝負にはなってませんでしたが、レースぶりに進展があり
彼女なりに頑張ったと思いました。
まだ未勝利脱出の目途は立ちませんが、
なんとか成長してってくれればと思います。

+++++以下公式より

26日の中山競馬では好スタートを切り、押して先団につける。3角付近から早めに手が動き出し、じりじりと伸びる脚はあるものの直線で狭くなるところもあり11着。「初めて跨がらせてもらったので以前との比較はできませんが、前半の行きっぷりはまずまずでしたし、ブリンカーの効果は感じられましたよ。ただ、早めに手を動かさなければいけなかったように、一瞬の脚、反応がまだなく、ペースが上がったときに対応しにくいですね。まだキャリアも浅いし、これからでしょう。しっかりしてくるまではダートなども含めていろいろ経験しながら力をつけてくれればと思います」(池添騎手)「中山の1800mで外枠になってしまい苦しさもありましたが、スタートが良かったですし、上手く前の位置につけることができましたね。終始囲まれて厳しいところもありましたが、ズルズル下がらなかったのを見るとブリンカーは多少なりとも効いていたと思います。また、夏に比べれば良くなってきているのは確かでしょう。じりじり伸びる脚はあるけど、仕掛けてから反応するまで一つ二つテンポが遅く、現状はまだスッスッと速い脚を使えないため狭くなって最後まで伸び切ることができませんでした。ただ、夏の競馬を考えると確実にレースの内容は良化しています。まだ走り方がわかっていなかったりと自分の型が定まり切っていないし、経験を積みながら良くしていきたいと思います」(田村師)山元トレセンでじっくり時間をかけたことで以前より体力を養うことができましたし、ブリンカーの効果もあって夏のころより内容が良化していたのは確かだと思います。まだキャリアも浅く、血統的にもこれから良くなってくるでしょうから、地道に経験を積みながら成長を促していきます。レース後の状態をしっかり確認してからになりますが、問題ないようならば1回中山開催を中心に調整を進めていく予定です
引退馬たち / comments(0) / - /
オーヴェルニュ未出走引退
JUGEMテーマ:競馬
 
なんと、2歳のオーヴェルニュが突然の引退です。
両前脚ともに、30%以上の損傷という状態。
これは酷い。どうしようもありません。

この子は、ほかの馬とは違う楽しみ方をしてた&
今後もする予定の子でした。
こんなに早くお別れだなんて、とても残念です。

結局、一度も実馬を見ることはなかったなぁ…。
どんな馬だったんでしょう…。

彼の余生が、少しでも幸せにと願うばかりです。

+++++以下公式より

17日にエコー検査を行った結果、両前脚に浅屈腱炎を発症していることが判明しました。「しっかりケアして回復を促そうとしていたのですが、今朝になっても状態に変化はなく、相変わらず痛がる様子で歩様が芳しくなかったので診療所にてエコー検査を行いました。診断の結果、特に気にしていた左前脚の屈腱部分を33%ほど損傷していることが判明しました。また、かばったせいか右脚の状態も良くない状態に見えたので併せて検査したところ、こちらも30%を超えるダメージを負っていることがわかりました。以前から四肢に疲れが出やすかったのですが、山元トレセンでじっくり乗り込んでもらったことで12月に入ってからはだいぶ脚元の状態に波がなくなっていたし、状態も上向いていたのでデビューへ向かっていこうと思っていました。診断の結果からも、腱やまわりの組織を含めて脚元が少し繊細だったのかもしれません。トレセンでは細心の注意を払いながら坂路をメインに動かしていたのですが、躓いたこともあって局所的に負担がかかってしまい、損傷までに至ってしまったのだと思います。血統的に見ても、馬格や雰囲気を見ても、“これは”と思わせてくれる馬でした。王道を歩ませてあげたいと期待していましたし、私自身も夢を見たほどでした。それだけにこのようなことになってしまい、ものすごくショックが大きく、また、出資していただいている会員の皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。誠に申し訳ございません」(奥平師)本格的な調教を開始すると体質面の弱さが時折垣間見られるようになりましたので、大事を取りながらこれまで進めてまいりました。しかし、アクシデントが重なったこともあり、脚元に大きなダメージを負ってしまいました。まだ2歳馬ですし、何とか復帰の光を見出せないものかと検討したのですが、これまでの経緯とダメージがかなり大きいことから復帰は厳しいことが予想されます。これらのことを踏まえて奥平雅士調教師と協議を行った結果、18日に中央競馬登録を抹消することになりました
引退馬たち / comments(2) / - /
カイアナイト【3戦目】2歳未勝利戦 3着
JUGEMテーマ:競馬
 
今までのレースを録画したものを見ると
見どころありすぎて泣けてくる(涙)

休養明けて、見たパドックは・・・
おや、ちょっとたくましくなってる!という印象でした。

しかし、怪しいゲートにおっつけ通しのレースっぷり。
最後は切れる脚があるわけでもなく
すごーく遅いタイムで3着(汗)

着順だけみると馬券圏内ですが、とても
「未勝利脱出の目途がたった」とは思えない内容。
相手を選ばないと、厳しい展開は続きそうです。

成長力のある血統なので、なんとか勝ちあがってほしいものです。

+++++以下公式より

12日の小倉競馬では積極的に押して好位からの競馬。勝負どころでズブさを見せ前との差が広がってしまうも、直線ではもう一度盛り返して3着。「ゲート内で前に向けていると潜ろうとしたり突進しようとしていました。たまたまタイミングがあって出ることはできたけど少し課題はありますね。道中の走りは悪くなかったのですが進出を始めようと押してもなかなか進んで行きませんでした。休み明けということもあって反応が悪かったのでしょう。初めてのダートにしては砂を被っても気にするところはなかったですし、一度使ったことで次はよくなると思います。牝馬限定戦など狙っていけば勝ち負けできると思いますよ」(丸山騎手)「休養前と比較すると体もしっかりして来ましたし、いい状態で送り出すことはできました。ゲートが怪しかったけど何とか出てくれましたね。勝負どころの手応えが悪かったけど、丸山騎手もよく追ってくれました。メンバーが楽だっただけになんとかしたかったけど、休み明けでしたし次に期待したいですね」(中竹師) 体重こそわずかなプラスでしたがこの休養期間に体がしっかりしてきました。初めてのダートでしたが、芝のレースと比較しても最後まであきらめずに走っていました。栗東へ戻してから馬の状態を見て今後のことを判断していきますが、休み明け2戦目となる次走に期待したいと思います
引退馬たち / comments(0) / - /
トゥリオーニ その後
JUGEMテーマ:競馬
 
乗馬としての第二の人生を歩むべく
千葉のオリンピッククラブにいるようです。

どうか、可愛がってもらえますように。


行く先が明確でほっとしました。



引退馬たち / comments(0) / - /
トゥリオーニ、エビで引退…
JUGEMテーマ:競馬

トゥリオーニ、検査の結果、骨折ではなくエビでした…
損傷率17%…

パーセンテージだけを見ると、
療養中・現役続行中のセブンのほうが酷いですが(21%)
炎症の場所が悪いのと、今まで2度の骨折で長期休養もあって
体質が弱いから…ってことなんでしょうね。

この馬、2勝しかしてないんですけど
色々と思い出がある馬です。
落馬に巻き込まれて、転倒したりとかもあったなぁ。

2勝目は口取りもしましたし。旦那が。
もっともっと、応援できる機会があると思っていました。

競走馬との別れは、いつも突然です。

ただ、ただ、残念です。
本当に残念です。

+++++
右前浅屈腱炎を発症していることが判明しました。「レース直後に右前脚の歩様が悪くなったために慎重に様子を見ていました。数日楽をさせたことで歩様はいくらか楽になったのですが、腫れが見られたのでエコー検査を行ったところ、屈腱部分の約17パーセントを損傷していることが判明しました。調教の感触は悪くなかったのに競馬での走りがひと息だったので違和感があったのですが、レース中にダメージを受けていたのかもしれません。栗東からの転厩馬ではありましたが、馬格があり、いい雰囲気を感じさせる馬で預からせてもらえることになったときにとても嬉しかったのを今でも覚えています。骨折してしまったり、落馬事故に巻き込まれてしまったりと上手く行かないことも多くかなり悩んだ馬でもありました。それでも壁を乗り越えて勝ってくれたときは本当に嬉しかったですし、その後の走りを見てもこれからやれると思っていただけに残念でなりません。このような形になってしまい大変申し訳ございません」(斎藤師)中尾正厩舎の解散に伴い、心機一転して斎藤誠厩舎で再出発しました。いろいろなアクシデントに見舞われながらも新潟で鮮やかに勝利したときは感動すら覚えました。その後の東京での走りを見てもこれからの活躍を期待せずにはいられませんでした。脚元を含めて体質の弱さは垣間見られていたものの、陣営がしっかりケアしてきたことでここまで活躍することができたのですが、残念ながら前走のレース中に浅屈腱炎を発症してしまいました。復帰の可能性も模索したのですが、これまで何度も長期休養をしてきた馬ですし、骨などではなく腱の損傷で再発の可能性も否定できません。これらのことを踏まえて斎藤誠調教師と協議を行った結果、29日に中央競馬登録を抹消することになりました。
引退馬たち / comments(0) / - /
ガナッシュ【2戦目】2歳未勝利戦13着…
JUGEMテーマ:競馬

18日の土曜日だと、展覧会の最終日だったので
あわただしいなぁと思ったのですが、
登録頭数の関係で(?)19日にスライド。
万歳!

変わり身を期待して、中山競馬場へ行って来ました。

が、いいところなしの13着に終わりました…

北海道で一度、馬房を覗いたことはあるのですが
まともに彼女を目の前で見たのは初めて。

ひょろりとした馬体は、血統のせいもあるでしょうけど
素人目には、まだまだ幼い感じで。
それになにより、ジョッキーのお話ですと
レースというものがよくわかってないようです。
いったん放牧に出るみたいですけど
次はもうちょっと闘争心が出てくるといいなぁと思います。

写真、撮ったんですけど
電池がピンチで、PCに転送できません。
行方不明になっていた充電器。
なんと、実家の徳島に忘れてきていたことが判明しました(汗)

充電池が戻ってきて、充電してから
写真をアップすることにします。 
引退馬たち / comments(0) / - /
ハワイアンドーン【1戦目】未勝利戦14着(涙)
JUGEMテーマ:競馬
 
やっとこさ、デビューできました…。

仕上がり途上の馬体に、ぺったんこ蹄の左前脚はそのまま。
蹄はすぐに良化する類のものではないので仕方ありません。
ちゃんと伸びるのを待っていたら、未勝利戦が終わってしまいます。
(でも宇治田原で見たときよりは、より競走馬らしくなっていたと感じました)

すごい出遅れて、しかもついていけず、1コーナーですでに終わった感が…orz
でも、あの状態ですし、完走できただけヨシです。

スーパー未勝利戦、使うみたいですけど
2歳のころから、ずーーーーっと余裕があり、
ずーーーーっと良化が遅かった馬です。
一度叩いてもガラリ一変があるかといえば、微妙です。
厳しい…。
ラストチャンスに奇跡は起こるかな?

しかし、友人達の愛馬を見ていても思うのですが
「絞れない馬」というのはやっかいなものです。
ハワイの場合、この春先からは左前が問題になっちゃいましたが
結局、2歳のときに、足元に不安はないけど
全然絞れず、仕上がらなかったのが
こんなことになった要因でしょう。

2歳馬のカイアナイト、ガナッシュともデビューは早くても、大きな着順で
結果がともなってませんが、早期デビューできること。
それって、大きな才能のひとつですね。
3歳のこんな時期の、無理矢理デビュー。
しょんぼりしてしまいます。

+++++

9/5(日)小倉5R・ダート1700m戦に出走・デビューし、馬体重は534圓藩祥気ありました。スタートで遅れてしまい、そのぶん行き脚がつかず最後方からのレースとなりました。向正面でも鞍上が一生懸命追いましたが、終始そのままの位置で、最後は少し伸びていましたが、前半のロスがすべてで、勝ち馬から3秒9離されての14着に終わっています。高倉騎手は「スタートで出遅れてしまい流れに乗れず、最初からハミを取らずで苦労しました。また馬体にも余裕があったし、レースを覚えていかねばなりません。なお手前はきちんと替えており、直線ではこの馬なりに伸びていましたが…」とのコメントがありました。中尾調教師は「馬体もまだ太く、仕方ない部分もありましたね。レース後に左前脚の歩様に違和感があり、小倉競馬場の診療所で検査しましたが、レースでの疲れによるもので異常なく安心しました。栗東TCに帰厩して様子をみますが、4回阪神の3歳限定未勝利戦(前走5着以内か通算5走以内の馬が1回のみ出走可能)に使うことになるでしょう」とのコメントがありました。
引退馬たち / comments(0) / - /
ガナッシュ【1戦目】デビュー戦12着
JUGEMテーマ:競馬
 
22日の新潟競馬では12着。「スタート直後は良かったのですが、そのあとにハミが抜けてから思った以上に行きっぷりが悪くなりました。そして、2度ほど気を使うようところがありました。後手後手になった分、最後も苦しくなってしまいました。少し慎重なところがあるようですが、いいところを感じさせる馬なので、経験を積みながら変わってきそうです」(北村宏騎手)

+++++

胴伸びの良い馬体で、1400は忙しいかなぁ…と思っていたのですが
想像以上にアララなレースっぷりでした。
ぼけーっとしたパドック。
好スタートをきったはいいものの、前につけていたのに
ズルズル後退。勝負にまったく参加できてません。
直線は、良い脚を使うとかを期待したのですけど
それも(TV越しで見た感じでは)なかったです。

キャロの2歳勢が6月中に全馬入厩という快挙でしたが
デビューしたカイアナイトは9着、12着
ガナッシュも12着と、良いところが見られません。
2頭とも、血統的に早く仕上がるタイプではないから…
という負け惜しみを胸に、変わり身を期待したいと思います。

しかし、ここ数戦、愛馬が掲示板はおろか
賞金圏内にすらいません。

セブンがエビってから、愛馬全体の調子が尻すぼみです。がくり。
引退馬たち / comments(0) / - /
宇治田原優駿Sと平等院鳳凰堂
 


JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:競馬
 
お盆中、実家の徳島へ帰省していました。
埼玉→京都よりは、徳島→京都が近いので
ラフィナールとハワイアンドーンがいる宇治田原優駿Sに
見学に行ってきました。

約束の時間まで余裕があったので
修学旅行以来となる平等院鳳凰堂に行くことに。
(宇治田原優駿Sと近いです)

自分の記憶のなかで平等院鳳凰堂だと思っていたものは
全然違っていて…(笑)
「あれ?柱が赤くない!」って。
どうも、覚えていたのは平等院ではなく、平安神宮だったみたいです。



10円玉を片手に撮影するヒトがたくさんいて
何かと思っていたら、10円玉に描かれているんですね。

度肝を抜かれたのが、鳳凰の像です。



宝物館?だったかな?みたいなところで、間近で見られるのですが
圧倒的な存在感にびっくりしました。
すばらしい作品です。

像には評価が辛くなるのですが
(絵は製作過程がわかるので同情的というか、やさしめの評価になる)
尾羽の見事な緊張感と躍動感に感動しました。

あの鳳凰に会いに、もう一度訪れたいと思ったくらいです。
良いものを見させていただきました。

そういえば、入場時にいただいたパンフレットの解説は
日本語、英語、中国語、ハングルで書かれていました。
鳳凰堂って、英語でいうと「フェニックスホール」

…。

なんか、葬儀屋かパチンコ店みたいな…(別に間違ってないのですけども)

お昼は、じゅらくさんで最高のうどんをいただきました。
もともとはお蕎麦屋さんなのですが、天候不順で良いそば粉が
提供できなくなったため、今年の秋まで、ひょっとすると今年いっぱいは
おそばは一切やらないそうです。



細いうどんに、九条ねぎ、すだち、エビのてんぷら。



〆に抹茶&小倉のアイス。
夫婦そろって、あまりの美味しさに無言でたいらげました(笑)
きっと、おそばも最高に美味しいと思います。

そして、いよいよ宇治田原優駿Sへ。

まずは、3歳未出走のハワイアンドーン。
(現在は入厩しています)



ダイエットには、成功していると思いました。
あとがないので、頑張って欲しいです。

次はラフィナール。



腰の痛みはなくなっており、相変わらず食欲旺盛で元気一杯でした。



秋には、また頑張ってくれることでしょう。

スタッフの方々にも、とてもよくしてもらって
色々とお話を伺うことができました。
お忙しいなか、応対してくださってありがとうございました。

突然思いついた宇治田原優駿S見学ですが、行って本当に良かったです。
良い一日を過ごすことができました。

京都って、毎年のように訪れているのですけど
いつも京都競馬場直行、そして数レースだけ見て日帰りでリターンと、
観光することってなかったんですよね。
やっぱり観光名所。歴史的情緒あふれる、素晴らしい街でした。
引退馬たち / comments(2) / - /
ラフィナール、トラブル発生
JUGEMテーマ:競馬
 
ゲート練習をしていたところ、暴れてしまい腰を打ったようです。
しばらくは回復に専念する模様。
ああ、得意の新潟が…
とはいえ、最悪の事態にならなくて良かったです。
あとは、ゲートがトラウマになってないことを祈るのみ。

セブンサミッツの長期離脱、ラフィナールの事故、
そしてデビューの目処がたたないハワイアンドーン…
社台勢がかなりガッカリな状態です。
はぁ。

以下公式より

前走時にゲートで潜ったことから、本日7/29(木)は念のためゲート練習を行いました。しかし、ゲート内で激しく暴れてしまい、その際に腰を強打するアクシデントがありました。歩様は問題なさそうですが、JRAの獣医師に診察してもらったところ、腰の打撲による痛みがあり、騎乗を控えたほうがよいとのことでした。そのため、残念ながら来週8/15(日)新潟・天の川Sへの出走は断念し、今週中に京都府の外厩・宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出します。まずは打撲箇所のケアをしっかりと行い、痛みの解消に努めます。
引退馬たち / comments(2) / - /
<< / 2/10PAGES / >>